Fruity Boy / BEEPBOY 2018.4.29 release!
当記事のキービジュアル

M3-2018秋お礼&今後の予定

先日のお礼

M3-2018秋 ああいい音ブースにお越しくださった皆様ありがとうございます!

BEEPBOYの新譜「カヴァーズラヴァーズ」も途中、元作曲者の表記問題がありましたが、頒布に至ることができました。

中の人は翌日から喉風邪をひいて療養の日々でした。。M3の戦利品を聴きながら次回の準備を進めております。

今後の予定

まず、12/9(日)はPixel Art Park 5にBEEPBOYがブース出展&ライブ出演します! PAPはBEEPBOY唯一の定期出演イベントとなりつつあり、今回は初の実機演奏も計画中!?さらにオリジナル新譜も…

次に2019年以降のスケジュールについて。

続報をお楽しみに!!

当記事のキービジュアル

COMITIA125 お品書き

今週末開催のCOMITIA125では画像の5作品を頒布いたします!特に旧作は数少ないのでお早めのお求めをおすすめします。

頒布ラインナップ

頒布作品は全てリンク先の特設サイトで試聴できますので、気になる作品があればチェックしてみてくださいね。

当日は「C30a ああいい音」ブースにてお会いしましょう!

当記事のキービジュアル

2週間でVJアプリを作ってイベント出演した話

BEEPBOYです。先週6/29(土)にイベント「Lo-bit freedom ver.6」というイベントにVJで参加してきました。どんな映像を流したかは以下をご覧ください。

担当LiveP.A.(敬称略)rophon、hosotake、OldTypeUseIncom、ヒゲドライバー

VJアプリと映像の特徴

相性の良い音楽ジャンルはVGM・チップチューンの他ピコピコ感あるエレクトリックサウンドなどです。

上記イベント参加時も、出演の合間に素材準備を進めることができました。

その他

このVJアプリはレトロゲーム機や2Dアクションゲーム制作のノウハウを注ぎ込み、本業の合間時間を使って作りました。

それまでは他のVJソフト(CompositeStation、OpenTZT)を使っていましたが、動作が不安定なことや使うための動画素材を作ることに不満を感じていました。今回その問題を解決することができました。

今後も素材のバリエーションを増やしていく予定です。(尚、アプリの公開や頒布には別途素材エディタの作成が必要)